現時点において、国内の新型コロナウィルスの感染者数は減少傾向に転じ、社会活動の平常化に向け明るい兆しが見え始めてはいますが、北海道内での感染は継続的に確認されております。
また、今後、社会活動が活発になり、人や物流の移動に伴う感染拡大の再来が予想され、感染の収束時期を見極めることが困難な状況でもあります。

サロマ湖100kmウルトラマラソン大会は、全国から集まっていただくランナーを、2,000人を超える地元の中学生、高校生、大学生、一般ボランティア、大会役員等が一丸となってお迎えする大会であり、新型コロナウィルスの変異株も確認されている現在の状況では、ランナーはもちろん、地元の運営スタッフの安全を確保できる大会を実施することが難しいと判断いたしました。

ここサロマ湖畔に集いひた走る大会の開催は、本年も叶いませんでしたが、本大会の主管団体として、開催可能な時期がきた時に、万全の運営体制で開催できるよう、実行委員会活動を継続してまいりますので、これまで以上に『サロマ湖100kmウルトラマラソン大会』を応援していただきますようお願い申し上げます。

今後は、昨年度も行いました代替大会のオンライン大会の開催を想定し、実行委員会にてその内容を検討する準備に入ります。
どうか、たくさんのエントリーをお待ちしています。

サロマ湖100kmウルトラマラソン実行委員会

【事務局】

北見市教育委員会常呂教育事務所
電話:0152-54-2191

湧別町教育委員会 社会教育課 社会教育グループ
電話:01586-5-3132

佐呂間町教育委員会 社会教育課
電話:01587-2-1295

mail:saroma@runners.co.jp